エキュントリック

てんかん妊婦のあれやこれや。

クリフムへ行ってきました①

先日、クリフム夫律子マタニティクリニックへ胎児ドッグ(中期ドッグ)を受けに旦那さんと2人で行ってきました!
初診なので念のためにと思い予約時間の25分前くらいに到着!
ビルの三階にあり綺麗で落ち着いた雰囲気です。
お花やプーさんのぬいぐるみ等もあちこちに笑
ママさんのみスリッパに履き替えて、付き添いのかたはそのまま靴を履いたまま入れます。
靴は、扉付き靴箱が沢山あるのでそこへ。ロングブーツ等も入れれる高さの靴箱もありました。

スリッパに履き替えて自動ドアをくぐり受付へ。
紹介状と、カルテ作りの為の保険証を渡し、問診票を記入します。書き終わると体重と血圧測定をします。
待合室の横にある部屋で自分で計測し、受付の方に渡します。
それから呼ばれるまで待機。ここまで約30分程で、この時点で丁度予約時間になったところでした。

混む事、時間がかかる事は何となくわかっていたのですが、下調べでクリフムに行かれた方の情報を見ていると、『待合の席がいっぱいで立ってる人もいた』という情報もあったので、私達が行った時は夫婦で来ている方、親子で来ている方、一人で来ている方等色々いましたが、席もチラホラ空いていたので、まあそこまで時間はかからないかな?と思っていました。

が、この後2時間ほど何もなく…この時点で私より2時間以上前の予約の方が検査を終えている(この後検査結果を教えてもらったり、カウンセラーとのお話もあります)ことが分かり、これは長期戦だなと思いました。
ですが待ち時間はそこまで苦ではなかったです。
オルゴール調でディズニーやジブリの音楽が流れており癒されますし、テレビやウォーターサーバー等もあります。旦那さんと喋ったり、待ち時間長くなると予想してお茶とチョコを持って行ってたのでそれで小腹も満たしたりと…笑
待ちきれなく、受付に声をかけて一度外出している方もいらっしゃいました。

さらに1時間後、ようやく名前を呼ばれまずは私のみ別の待合室へ…

続く。

クリフム夫律子マタニティクリニック
臨床胎児医学研究所