エキュントリック

てんかん妊婦のあれやこれや。

てんかん薬の変更歴

てんかん発症から今に至るまでの薬の変更は少ないですが、参考になるように記載しておきます。

発症時から約11年間
デパケンR錠200mgを1日5錠、朝2錠・夕3錠
この11年間の間に1日4錠、3錠の時もあったのですが、発作を起こしてしまい最終的にやっぱり5錠だね、と落ち着いた感じです。

この後約2年間
バルプロ酸ナトリウムSR錠200mgを1日4錠、朝・夕各2錠ずつ
デパケンジェネリック薬品です。
特に発作も起こらず薬代も少し安くなったので助かりました。

そして約3年前に脳神経外科の先生に将来的なことを聞かれ、現在のイーケプラ錠500mgになりました。
最初は1日2錠、朝・夕各1錠だったのですが、1年と少し前に仕事が忙しく生活が不規則になったこともあり発作が起きてしまったので最終的に1日3錠、朝1錠・夕2錠になりました。
現在も毎日同数飲んでいます。
イーケプラ錠は一度に大量処方ができないので病院に行く回数が増えたり、値段もぐっと上がりましたが赤ちゃんが無事に産まれてくれるためなら全然平気です。

なによりも発作が起きないように薬をしっかり飲んで、よく眠ります。
職場の同じ部署の方達には妊娠のことを伝えました。
みんな喜んでくれて、中には泣いてくださる方もいて本当に嬉しかったです。パパさんママさんが多いのでとても心強い環境で働かせてもらっています。

旦那さんもてんかんの面、妊娠の面でもたくさん気を使ってくれて助かっています。

日々旦那さん、家族、友達、職場の方、色々な方に支えられていることを実感します。
本当に感謝しかありません。


人気ブログランキング